夫・妻の浮気相手から慰謝料を請求回収する方法

夫・妻の浮気相手から慰謝料を請求回収する方法とは?

夫,妻,浮気相手,慰謝料,請求,回収,方法

 

配偶者(夫・妻)の浮気が発覚した場合、配偶者および、配偶者の浮気相手から慰謝料を請求できる権利があります。

 

慰謝料は

 

@配偶者のみ

A浮気相手のみ

 

このような形でも慰謝料を請求する事ができます。

 

配偶者から慰謝料を請求する場合、浮気のハッキリとした証拠が必要になります。

 

この証拠があれば、配偶者が慰謝料の支払いを拒否し、裁判になってもほぼ勝利する事ができると言われています。

 

一方で浮気相手から慰謝料を請求する場合、既婚者である事を知りながら交際していた証拠が必要となります。

 

もし、この証拠が見つからない、または本当に既婚者である事を知らないまま(独身者であると信じていた)交際していた場合、浮気相手から慰謝料を請求できない場合があります。

 

そのため、浮気相手から慰謝料を請求したい場合、少し面倒なことになります。

 

証拠を見つけるために探偵を雇って証拠を手に入れるなどの手間とお金が必要になるからです。

 

また、配偶者と浮気相手両方から慰謝料を請求できますが、例えば裁判で300万円と決まった場合、「総額以上の慰謝料は貰えない」決まりがあります。

 

そのため、例えば配偶者のみから慰謝料をもらう場合は総額300万円回収できますが、浮気相手からは1円も請求する事ができません。

 

また逆に浮気相手が総額300万支払う場合、配偶者からは慰謝料をもらう事ができません。

 

また、配偶者と浮気相手両方から慰謝料を請求する場合は、例えば配偶者が200万円で浮気相手が100万円支払う事で総額300万円となります。

 

浮気した配偶者に怒りを感じるのは当然ですが、一方で浮気相手にも怒りを感じて何かしら法的に懲らしめたいと思う方もたくさんいらっしゃいます。

 

しかし総額300万円と決まった場合は、両方から慰謝料を請求し、300万以上の慰謝料がもらえないという事です。

 

(配偶者から300万、浮気相手から200万などは貰えない)

 

■まとめ

夫,妻,浮気相手,慰謝料,請求,回収,方法

 

慰謝料を請求する場合、離婚後の子供の養育費なども含めて双方が話し合いを行います。(協議離婚)

 

この話し合いは、協議離婚と呼ばれていますが、この協議離婚でも話し合いが平行線のまま(どちらかの不満で話がまとまらない)の場合は、離婚調停を申し立てる必要があります。

 

離婚調停は浮気された配偶者・浮気した配偶者どちらとも申し立てが可能で、家庭裁判所に申し立てて定期的に裁判所に通う事になります。

 

離婚調停はお金もかからず、弁護士に依頼する必要がありません。

 

(弁護士に依頼したほうがメリットがあると言われています。)

 

家庭裁判所で行う離婚調停は、調停員が間に入りお互い納得した場合成立する事になります。

 

それでも話がまとまらない場合、裁判で争う事になりますが、もし浮気の決定的な証拠を手に入れている場合はほぼ勝つ事ができます。

 

離婚調停で双方が納得した慰謝料と養育費が決まった場合、「口約束だけでは済ませない事が大切」になります。

 

なぜなら、養育費が途中で止まってしまったり、慰謝料を支払わないケースがあるからです。

 

そのため、公正証書や離婚協議書など、きちんとした書面に残しておくことが大切になります。

 

慰謝料の請求は時効があり、配偶者の浮気が発覚した日から3年以上経過すると成立してしまいます。

 

ですから、慰謝料を請求して離婚したい場合は、なるべく早い対策を行う事が大切になります。

 

また、場合によっては相手の銀行口座の差し押さえや給与の差し押さえなどの手段も行う事が可能なので、そのためには弁護士に相談する必要があります。


関連ページ

不倫で悩み相談したい場合は・・・
不倫でお悩みの場合、一人でふさぎ込んで考えていませんか?不倫を相談してみる方法もあります。
配偶者(妻・夫)不倫浮気の兆候に気付くには
配偶者(妻・夫)の不倫浮気の兆候に気が付くにはどうすればいいのでしょうか?
妻の浮気で離婚する場合損をしない方法とは?
妻の浮気で離婚する場合損をしない方法とは一体何でしょうか?