不倫による慰謝料の相場

不倫による慰謝料の相場とは?

 

例えば妻の不倫が発覚して、妻もしくは不倫相手に対して、金銭的な制裁として慰謝料を請求する事があると思います。

 

慰謝料はやはり不倫をされた側、個人が決める額ですから、価格はピンからキリになっている事が予想できます。

 

しかし、平均的な額(相場)はあると思いますから、不倫が発覚した場合、慰謝料を請求する時の相場がどれぐらいなのか調べてみる事にしました。

 

■不倫が発覚した時、慰謝料の相場とは?

 

不倫が発覚した時、裁判によって判決された場合の慰謝料の相場はだいたい50万〜300万当だと言われています。

 

そもそも、不倫の慰謝料には決まった基準みたいなものがありません。

 

不倫を行った本人とその相手に対しての損害賠償として慰謝料を請求する事は認められています。

 

しかし、決まった慰謝料の額には明確な基準は存在しないようです。

 

浮気をされた配偶者と相手から受けた精神的苦痛の代償として支払われる額なのです。

 

ですが、不倫が裁判まで発展した場合(裁判によって判決が下った額)、その精神的な苦痛の大きさによって額が違ってくるみたいです。

 

例えば・・・

 

@そのまま夫婦関係を継続する・・・50〜100万

A別居状態になった・・・・・・・・100万〜200万
B離婚になった・・・・・・・・・・200万〜300万

 

上記のような被害の大きさによって慰謝料は差が出てきます。

 

■裁判によって判断される慰謝料の増減額の例

 

不倫による慰謝料は、状況によって増額されたり減額されたりするようです。

 

その例を見てみると・・・

 

増額対償

 

@結婚年数が長い

A浮気期間が長い
B浮気相手との間に子供(妊娠)ができた
C反省していない
D過去に浮気経験がある
E配偶者との間にすでに子供がいる
F不倫した配偶者もしくは相手の収入が高い

 

減額対象

 

@自分にも原因がある(セックスを拒否するなど)

A不倫が発覚したことですでに社会的制裁を受けている(会社を退社しているなど)
B浮気をした配偶者とその相手が真剣に反省している

 

以上、不倫裁判よって判決された慰謝料は、
状況によって慰謝料の額は減額したり増額したりするようです。

 

■まとめ

不倫,慰謝料

 

以上、不倫が裁判にまで発展した場合、裁判によって判決された慰謝料の平均的な額は、上記の通りの額になる事が分かっています。

 

しかし、裁判を行わず自分たちだけで慰謝料の額を決めたり支払う場合はこの限りではないようです。

 

場合によっては上記の金額よりも少なかったり逆にとんでもない額の慰謝料(芸能人など)を支払っている事も考えられます。


関連ページ

配偶者に不倫疑惑が持ち上がり探偵に依頼した場合、その相場とは?
配偶者に不倫疑惑が持ち上がり探偵に依頼した場合、その相場とは一体どれぐらいになるのでしょうか?
探偵事務所や興信所に不倫調査を依頼する理由やきっかけとは?
探偵事務所や興信所に不倫調査を依頼する理由やきっかけは一体何でしょうか?
探偵による不倫調査の実例とは?
探偵事務所による不倫浮気調査の実例はどういったものがあるのでしょうか?
探偵による浮気不倫調査後関係を修復したいと思う割合とは?
探偵によって浮気不倫の調査を依頼した後、クロであっても関係を修復したいと思う割合とは一体どれぐらい?
浮気不倫の調査は素人でもできるのか?
配偶者に浮気不倫疑惑が出てきた時、不倫の調査(チェック)は素人でもできるのでしょうか?
自力で浮気不倫調査をした時の失敗例とは?
自力で浮気不倫調査をした時の失敗例とは一体?
自分(自力)で不倫浮気調査を行う事のリスクとは?
自分(自力)で不倫浮気調査を行う事にはリスクが伴うと言われています。そのリスクとは一体?
不倫の慰謝料についての詳しい情報とは?
不倫の慰謝料についての詳しい情報について調べてみました。
不倫に関する法律とは?
不倫に関する法律がどんなものなのか、詳しい情報を調べてみました。
不倫による裁判の実態とは?
不倫による裁判の実態とは一体?
浮気の慰謝料を相手が払えない場合の対処法とは?
浮気の慰謝料を浮気をした配偶者や不倫相手が金銭的余裕がなく払えない場合の対処法とは一体何でしょうか?
浮気の慰謝料を裁判で争う離婚調停とは一体?
浮気の慰謝料を裁判で争う離婚調停とは一体何でしょうか?
浮気で支払う慰謝料について時効はあるのか?
浮気で支払う慰謝料について事項は存在するのでしょうか?
浮気の慰謝料請求の際弁護士にかかる費用とは?
浮気の慰謝料を請求したい場合、もし弁護士に依頼した時にかかる費用とは一体?