不倫の慰謝料についての詳しい情報

不倫の慰謝料についての詳しい情報とは?

 

不倫(不貞行為)をした既婚者は、配偶者から慰謝料を請求されることがあります。

 

これは、不倫をする事によって、配偶者に精神的苦痛を与えた損害賠償として慰謝料を求められた場合に支払わなければいけないようです。

 

そこで不倫の慰謝料についてもっと詳しく調べてみる事にしました。

 

■不倫の慰謝料についてもっと詳しく調べてみると・・・

慰謝料とは、相手の権利や利益に損害を与える行為を故意に行った時に、損害賠償として支払わなければいけない金額の事です。

 

これを不倫に例えた場合の慰謝料について述べてみます。

 

そもそも慰謝料が発生する条件とは一体何でしょうか?

 

一般的には、

 

@不倫相手側に明らかに故意がある

A不倫が行われるまで夫婦生活が壊れていなかった

 

と言うような条件があります。

 

@不倫相手側に明らかに故意がある 

この場合は、相手に配偶者がいる(既婚者である)事を知りながら、不貞行為(肉体関係を持つ)を行えば、相手の配偶者が精神的な苦痛をともない、また、家庭を崩壊させてしまうと予想ができるのにもかかわらず関係を持つことを言います。

 

なので、明らかに故意があるという事です。

 

例え相手の夫婦関係が冷え切っていて、「妻とは離婚するから結婚してくれ」など、相手から言われて肉体関係を持つ場合も故意があるという事なので、相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性があります。

 

また、例えば相手が単身赴任中で独身だと嘘をついていた場合は、相手が独身者だと信じてしまうのも無理はありません。

 

この場合、故意があるわけではないという事です。

 

A不倫が行われるまで夫婦生活が壊れていなかった

不倫が行われる以前から夫婦生活が崩壊していたなど、
相手が配偶者とすでに長期間別居状態である場合、

 

円満な夫婦生活が壊れている状態でありますから、慰謝料が発生しない可能性が高いです。

 

なぜなら不倫が行われる前にすでに家庭内や夫婦生活が壊れているからです。

 

しかし、不倫が行われるまで夫婦生活が壊れていなかった場合は不倫が原因によって配偶者が精神的に苦しんでいるなど、相手に損害を与えたことになりますから、慰謝料を請求される場合があります。

 

まとめ

 

@不倫相手側に明らかに故意がある

A不倫が行われるまで夫婦生活が壊れていなかった

 

この場合は慰謝料を請求される可能性が高く、

 

逆に

 

@不倫相手側が独身だと信じてしまうような条件の時

A不倫が行われる以前から夫婦生活が崩壊していた

 

以上、この2つの条件が満たされた場合は、慰謝料が発生しない可能性が高いと言えます。


関連ページ

配偶者に不倫疑惑が持ち上がり探偵に依頼した場合、その相場とは?
配偶者に不倫疑惑が持ち上がり探偵に依頼した場合、その相場とは一体どれぐらいになるのでしょうか?
探偵事務所や興信所に不倫調査を依頼する理由やきっかけとは?
探偵事務所や興信所に不倫調査を依頼する理由やきっかけは一体何でしょうか?
探偵による不倫調査の実例とは?
探偵事務所による不倫浮気調査の実例はどういったものがあるのでしょうか?
探偵による浮気不倫調査後関係を修復したいと思う割合とは?
探偵によって浮気不倫の調査を依頼した後、クロであっても関係を修復したいと思う割合とは一体どれぐらい?
浮気不倫の調査は素人でもできるのか?
配偶者に浮気不倫疑惑が出てきた時、不倫の調査(チェック)は素人でもできるのでしょうか?
自力で浮気不倫調査をした時の失敗例とは?
自力で浮気不倫調査をした時の失敗例とは一体?
自分(自力)で不倫浮気調査を行う事のリスクとは?
自分(自力)で不倫浮気調査を行う事にはリスクが伴うと言われています。そのリスクとは一体?
不倫による慰謝料の相場とは?
不倫が発覚して相手に慰謝料を請求する時、一般的に支払う相場は一体どれぐらい?
不倫に関する法律とは?
不倫に関する法律がどんなものなのか、詳しい情報を調べてみました。
不倫による裁判の実態とは?
不倫による裁判の実態とは一体?
浮気の慰謝料を相手が払えない場合の対処法とは?
浮気の慰謝料を浮気をした配偶者や不倫相手が金銭的余裕がなく払えない場合の対処法とは一体何でしょうか?
浮気の慰謝料を裁判で争う離婚調停とは一体?
浮気の慰謝料を裁判で争う離婚調停とは一体何でしょうか?
浮気で支払う慰謝料について時効はあるのか?
浮気で支払う慰謝料について事項は存在するのでしょうか?
浮気の慰謝料請求の際弁護士にかかる費用とは?
浮気の慰謝料を請求したい場合、もし弁護士に依頼した時にかかる費用とは一体?