不倫が原因による離婚の割合

不倫が原因による離婚の割合とは?

 

世の中の既婚者の男女が離婚をせざるをえなくなる理由や原因は、様々だと考えられます。

 

それは、相手側や自分の浮気・不倫による事が原因・理由になってしまう事も十分にあり得る事だと言えます。

 

では、不倫・浮気が原因によって離婚になってしまう割合とは一体どれぐらいなのでしょうか?

 

■不倫が原因・きっかけで離婚になってしまう割合とは?

 

不倫や浮気が原因で離婚になってしまう割合は・・・

 

女性(妻)・・・19%

男性(夫)・・・20%

 

男女共に約5人に1人の割合で、浮気や不倫をしていることが分かっています。

 

浮気と言えば男性のイメージが強いですが、最近では女性の不倫・浮気の割合が増えてきており、男性とほとんど変わらない割合であることが分かっています。

 

今は不倫を題材にしているドラマが放送されているため、いつの間にか、不倫や浮気が流行してしまっている事が考えられます。

 

不倫・浮気をする事はいけない事だと分かっているにもかかわらず、社会(世の中)全体的に浮気・不倫が増えている(流行している)風潮があるため、「一度ぐらいなら・・・、ばれなければ大丈夫だ、皆やっているから」などという考え方に陥りやすくなっているのも原因の1つだと考えられています。

 

また今はSNSや出会い系(不倫)サイトなども非常に流行していますから、その気があれば簡単に異性と出会えてしまいます。

 

配偶者に不満が溜まり続けるうちに、つい出来心で出会い系サイトなどを使ってしまう場合も少なくありません。

 

最初は軽い気持ちで利用していたものの、いつの間にかそれが本気になったり、ズルズルと関係が長引いてしまうパターンも非常に多いことが分かっています。

 

何はともあれ、不倫・浮気が原因で離婚するパターン・割合は今とても増えてきている傾向にある事が分かっています。


関連ページ

不倫が原因でも離婚できない(しない)場合とは?
パートナーが不倫をしていると分かったり、発覚した場合でも離婚できない(しない)場合もあります。
浮気が原因で離婚して再婚すると今後どうなるのか?
浮気・不倫が原因で離婚して再婚すると今後どうなるのでしょうか?幸せになれるのでしょうか?
不倫が原因で離婚したくても子供の問題がある!
不倫が原因で離婚したい場合でも子供をどちらが引き取るかなどの問題があります。
浮気の期間によって離婚する確率も変化する理由とは?
浮気をしていた期間によって離婚する確率も変化すると言われております。その理由について調べてみました。
浮気で離婚!離婚経験者が後悔している事とは?
浮気発覚で離婚した場合、離婚経験者が後悔している事とは一体何でしょうか?